Ver9.7公開テストアップデート予定内容のリリースノートを読んで感じたこと[WoT] | がりろど戦日誌

がりろど戦日誌

WarThunderやWorld of Tanksを中心とするオンラインゲームに関してのプレイ日記、情報、弱点、日本語化、設定等が中心の内容です。

Ver9.7公開テストアップデート予定内容のリリースノートを読んで感じたこと[WoT]

      2016/11/07

 Ver9.6では、照準の中心に飛んで行く確率が低くなるという修正が入りました。

accuracy_03_1

 実際のところプレイに支障が無いかに思えましたが実のところ結構それ方がひどい時が多くなった気がします。まぁ、一応このどこかに飛んで行くという照準の円の中に入っているので詐欺じゃないですけど。

 後は、しょぼい準備砲撃。そして軽戦車と駆逐戦車の視界が狭くなりました。

新規マップ追加

 Ver9.7になるに当たって一番の目玉は、ノルマンディー上陸を模したマップの追加です。非常に久しぶりの新マップ追加。期待が膨れます。

 海対陸のようなスタートポジションになるのでしょうか?まだ、謎ですが楽しみです。

新規車両追加

 車両もフランスの軽戦車や中戦車が幾つか追加になります。当方は、フランス車両をNAサーバーでしか開発していないので今回は、どうでも良いです。

視界減少

 またまた視界の減少です。中国やフランスが中心ですが各軽戦車、駆逐戦車、そしてSPGです。

 思ったのですがSPGの視界は、50m位にしても良いのでは、無いでしょうか?基本、軽戦車と協力してプレイという事で視界は、軽戦車が確保するとか。発見されたら負けという事で。

wot_elefant wot_spg

貫通力減少

 後は、高Tierの一部で貫通力の減少が有ったのが非常によろしく無いです。特にISU-152のBL-10が286mm貫通から266mm貫通になってしまいます。Object704も同じなので砲自体が弱くなる訳ですが駆逐戦車の存在意義がズンドコなくなって行きます。「汝、重戦車で近距離戦闘を行え。さすれば芋以外の道が開かれる」とか運営のありがたい御心の賜物なのかも知れません。おせっかいめ。

wot_td

 高Tierの砲になると装甲も意味が無いようになって来るので一撃貫通で問題無いと思うのですがダメなんでしょうか。現代戦車の区別から重戦車とかがなくなったのも通常の鋼鉄製の傾斜装甲では、進化した主砲弾を弾けなくなったからとなにかの雑誌で読みました。WoTの世界は、自然の成り行きに逆らって行こうという魂胆?

チャット機能の改良

「既存の全エモーションをアップデート」と有るのですがなんでしょう?エモーションって感動とかですよね。OVA等レンタルDVDの最初にモアイの絵と共にエモーションとかいうのが出てくるけどアレとは、関係ないですよね。

 

その他変更点

「ゲームクライアントが操作不能及び強制終了する問題を修正」Ver9.1以降毎回書いてある気がしますがどの辺りが修正されたのでしょう?今だに戦闘終了後ガレージに戻るタイミングで落ちる事がありますけど。

最後に

 という訳でオーバーロード(ノルマンディー上陸作戦)マップ追加以外は、各車両の能力減少なのでマップ追加の期待が能力減少で相殺されてしまった感じのアップデート予定内容です。

 まぁ、まだ公開テスト1段目だから・・・ね。

以上そんなところです。

参照:

アップデート 9.7 公開テストノート

 - World of Tanks ,