がりろど戦日誌

WarThunderやWorld of Tanksを中心とするオンラインゲームに関してのプレイ日記、情報、弱点、日本語化、設定等が中心の内容です。

えっ!シルバーライオンが足りない???そんな時は。[WarThunder]

      2018/11/19

WarThunderを数年プレイし続けている間に選択可能な兵器国も増え使用可能なユニット数も増加しました。

「これが使いたい。」「あっちも使いたい。」戦闘して経験値集めて開発して購入して・・・購入して・・・購入して・・・

??????

あれ?購入できません。故障でしょうか?変ですね。長くプレイしてシルバーライオンもたんまりと溜まって・・・。
ん?バグでしょうか?サラリーマンパパのお小遣い程度しか残っていません。これでは、新規ユニットも買えません。
でも、謎ですね。毎回戦闘するたびに数千から数万単位の収入が有るはずなのに。

そう、最近気づいたのですが1年前位は、まだ平気だったのです。何が?って被撃破回数がほぼ0だったから。
昨年あたりから車両が一撃必殺になる確率が上がったので一発で撃破されてしまう事が増え被撃破回数がうなぎのぼり。特に自分は、突撃バカなので「俺がスポットしている間撃たれているから皆撃て」と言わんばかりに前に出ます。なので撃たれます。以前は、数発受けても破損程度だったのが昨今は、一撃撃破になる事が多いです。更に以前は、まぐれ当り程度だったのが最近は、被弾個所を見ていると一撃撃破になる箇所を的確に撃ってきている人が多くなっています。ようするに弱点を知っている人が増えたという事でしょうか。自分の保有車両のランクが上がっているので砲の威力も強く一撃ポイントに刺さりやすいのも手伝っているようです。

と、いう訳で。損害額がうなぎのぼり。一台当たり平均5000-7000シルバーライオンの損害で1戦2-3台撃破されると10000-21000シルバーライオンの損失+弾代とか諸々で15000-25000シルバーライオンのコストがかかっています。2-3台敵を撃破してランク3で10000位、ランク4-5で15000位の収入ですから全然足りません。赤字です。一刻も早くシルバーライオンを貯める方法を考えないと弾代も修理費もなくなります。

シルバーライオンを増やす方法

シルバーライオンを増やす方法をいくつか考えてみました。

1.毎回コストを上回るほど大活躍する。
苦手なマップや低レベル車両で高レベル車両に出くわしてノーダメージの悲壮感を味わうことがあるので無理。

2.当たらなければ撃破されないので華麗に避ける。
空を飛ぶ航空機でも機銃で撃墜されているのに車両では、むりやろ。

3.無料で貰える初期車両でがんばる。
高レベル車両を経験してしまうとストレス大爆発。収入も少ないしそんなに何度も耐えられない・・・。自分が破損しちゃう。

4.課金してゴールデンイーグルをシルバーライオンに変換する。
一番手っ取り早い方法ですが根本的な解決になりません。だってほとんどの戦闘が赤字と言う事ですから無くなったらまた課金しないといけません。gaijinの中の人しか喜ばない。

5.プレミアムアカウントにする。
収入的には8割がた問題なくなりますがプレ垢毎回は、きついっしょ。

6.課金戦車を購入する
継続利用で収入的に良くなりそうですが同じ車両ばかり使用していると飽きそう。フリーXP貯めても使用にゴールデンイーグル必要なので通常車両の開発が進まないっしょ。

7.節約する。
最後にたどり着いたのがこの方法。というかマニュアル読んでいる人はプレイ開始からやっている人が多いのかな?とも思いますがそこは、置いておいて以前から搭乗員スキルの「飛行場に置かれている機体の整備とかなんやねん?」という感じで「まだ開発途中だから今後実装されるパラメータなのかな?」とか間抜けな事を感がていましたがとても、とても大事な項目だったようです。
「修理期間6日とか毎戦闘終了時に自動的に修理されておるわい。馬鹿め!」とかアホな事をWarThunderプレイ開始時からかれこれ数年でしょうか・・・思って居ったわけです。うふ。

修理速度は、当然上げると修理速度が上がります。しかし、この修理速度が曲者。修理ランクがユニットのランクに達してないと反映されないのです。機体の標準修理日数が6日だとすると6日のまま。機体のランクは、技術ツリーの左側にあるあのランクの事です。
修理ランクを必要なランクに上げると修理速度スキルが反映されて修理に必要な日数が減ります。

そして大事なのがガレージや飛行場にユニットを置いておくと勝手に修理されるのですがこの場合の修理は、なんと無料なのです。「えっ、さっきあんたが数年間毎戦闘終了時に瞬時に修理終了しているって言った通り戦闘終了後の修理は、有料でしょ」と勘違いするかもしれませんが瞬時に修理するのは、有料です。ガレージや飛行場に置いておくと時間をかけて勝手に誰かが修理してくれるのは、無料です。

自動有料修理Off時に破損、全損時ユニットは、赤背景のアイコンになります。ユニットの表示も破損した状態で表示されます。

自動有料修理のスイッチは、ガレージ画面左下、「研究」のすぐ右にあるレンチアイコン横のチェックボックスです。これをOnにすると有料で瞬時に修理が終了しOffにすると誰かが時間をかけて無料で修理してくれます。
必要な修理費用や修理時間は、各車両ごとに設定されています。下の写真の場合で瞬時に修理する場合の最大の修理費が6410シルバーライオン、ガレージで時間をかけて修理してもらう必定最大時間が6日と2時間です。修理状況の項目で修理完了までの時間が解ります。全損すると最大修理時間ですので6日と2時間です。
自動瞬時修理をOff状態でもやっぱりすぐに修理してユニットを使用したい場合は現状必要な金額を支払えば瞬時修理が可能です。修理したいユニットを選択状態にしてメニューを表示させると下に修理必要金額がでますのでその金額を支払えば即時修理されてすぐにプレイ可能です。下の写真だと一部破損なので20分待つか12シルバーライオン支払うかという状況です。この状況なら12シルバーライオン支払ってすぐにプレイするかな。

「修理:12」というレンチアイコンのあるメニューをクリックすると即時修理が実行されます。はいをクリックすると実行されるのですがユニット名と修理費用が置換されてないですね。たまたまかな?

最後に

有料修理をOffにしたことでバリバリシルバーライオンが溜まっていきます。ランク4以上だと5台も倒せば20000-40000シルバーライオンが溜まっていきます。今までの修理代として使用していたシルバーライオンの量を考えると要塞が建つくらいではないでしょうか。

そして撃破されると1回しかプレイできないので撃破されないように適度な位置で適度に活躍するようなプレイ方式になったところ成績も上がり始めてしまった・・・。今までは前に出てスポットして後方でカクレンボしている車両に撃たせようとしていた敵車両を今は、自分で回り込んで撃破するので後方の車両は、自動的に前に出て来て前線が上がるからチーム成績も上がるという事でしょうか?それって苦労する車両が何台かいないと負けるって事で、う~ん。

まぁ、その辺りはさておき、とりあえず日数必要ですがシルバーライオンが溜まる量は、劇的に増えますよ。ってことで。

 - WarThunder , ,