がりろど戦日誌

WarThunderやWorld of Tanksを中心とするオンラインゲームに関してのプレイ日記、情報、弱点、日本語化、設定等が中心の内容です。

Ver1.73にアップデートして気付いた事[WarThunder]

      2018/08/13

11月初旬にすでに更新されていたようですが当方が気付いたのは、先週あたり。
Ver1.73へのメジャーアップデートでの最大の目玉は、フランス空軍ツリーの追加のようです。空軍は、たまにしかプレイしないので個人的には、そんなに大きな変化では、無いのですがそれ以外に陸戦車両がいくつか追加されています。

フランス空軍ツリー

フランス空軍も途中でドイツに占領されたりビシーフランスになったり色々あったので開発途中がスッポリ抜けてジェット機になってしまう感じですがまぁ、そんなものです。
フランスの機体と言うとD.520位しか当方は、知りませんので特に語る事が無いのですが・・・。

ツリーを見ていくとMD.452というミグ19みたいな形の機体があります。ダッソーというフランスメーカーは、聞いた事ありますがマルセルダッソーと言う人の名前なんだそうです。フランスの国産ジェット機だそうです。

S.O.4050という機体は、葉巻型のジェットエンジンを2基搭載した戦闘爆撃機です。葉巻型ジェットエンジンは、ドイツのあれ等この当時は、主流みたいですね。性能は、全然異なるようですが。こちらもフランス国産機だそうです。同型だか派生品だかがイスラエルにも輸出されるなどして実戦経験があるようです。そんな中東が戦乱の時代の機体なのでWarThunderの中では、たぶん高性能な方に入るのでしょう。

第二次世界大戦までは、航空先進国だったようでカタログ値的には、高性能な機体が多い気がします。ドイツ、イギリス、アメリカ等の機体を開発している身としては、特にこれと言って使ってみたい機体がある訳でもないのですが何か気が付いたら触ってみるかもしれません。

陸戦車両

今後イタリアの戦車ツリーが追加されるようで先行として2両使用できます。ソ連のISシリーズは、後進が高速ですがイギリスの戦車やアメリカのシャーマン、ドイツのパンター等後進が絶望的に遅い車両で物陰から射撃時に後進が遅くて物陰に隠れきれなくてイライラしていた人達には、イタリアの戦車は、待望だったことだと思います。

その高速後退能力の為に。

P40は、なんとフィアット製です。フィアットの車と言えば日本では、10年位前なら高級車です。そんなフィアット製の戦車が弱い訳が有りません。ランク2なのに装甲貫徹力は、72mm。防御力は、前面50mmでありながら最高速度45kmとかなりの性能の中戦車です。

M26パーシングは、アメリカ製なので輸入品ですね。

後は、ドイツにBegleitpanzer 57という近現代的な大口径な高速射機関砲を搭載した車両、日本の5式、ソ連にBMP-1Pという5式以外第二次大戦以降の車両が追加されています。特にBegleitpanzer 57は、高性能すぎる気がしますが側面や後面じゃないと装甲の厚い車両の前面装甲は、抜けないからバランス的には、大丈夫なのでしょうね。市街戦以外でそんなに近づく事無いし。

その他1

今回の追加では、無いのですが当方が初めて見たので記述しておきます。それは、何かというとJapanマップです。
そう、Ver1.71辺りで追加されたのだと思いますが一度も、一度も、いいですか?一度も見たことが無かったのです。それは、もう嫌がらせのように。
そんな日本マップも先日ふとプレイしたら戦闘前のマップ画面で何か見た事の無いマップが表示されて「あれ?」と思っていたら日本マップだったというかそれ以降の日本マップの遭遇率の高い事高い事。偏り過ぎじゃ?

開始して左右を見渡すと茅葺屋根の家ばかり。しかも、飛騨高山?という感じの合掌作りです。日本は、防火の為に強制的に江戸時代から瓦屋根が随分普及していたと思うのですが・・・。

富士には、見えませんね。日本アルプスイメージでしょうか?

下側開始で右回りで進むと小さな黒い四角っぽい形状の物体がミニマップにあります。竹林を抜けて近づいていくと見えてきます。そう、五重の・・・2重???の塔です。

どこからみても2重ですね。改めて見ると結構派手。

「すると真ん中の黒い四角っぽいのは、なんだろ?やっぱり城かな?」と思って近づきます。
遠目に見えてきたのは、「平安京?」という感じの神社仏閣です。

入り口は、鳥居が有って石階段があって門が有ります。鳥居があるので神社ですかね。

門は、日本の神社のそれっぽいです。

門の横には、狛犬もいます。

逆側には、今度こそ五重塔です。
全体的には、日本の神社系の建物ですが何か違和感があります。なんででしょうかね?何かチャイナが入っている気がしてならないのです。まぁ、その辺りは、World of Tanksでもそうだったですから海外の人から見るとそんなものなのでしょうか。日本にインスパイアを受けたマップという事でしょうしね。
で、この真ん中の神社は、結構曲者です。中央の社殿周辺に行くと土台の柱や鳳凰堂みたいな横の建物への廊下などの柱が丁度良い箇所で射撃の邪魔なのです。正直この神社に近づかない方が安全な気がします。見ている分には、綺麗なのですけどね。

その他2

イギリスツリーを開発している途中なのですがAvengerという車両が居ます。この子の照準が変な気がします。当方のみがおかしいのかこれが本来の照準なのか判りませんが他の車両と比べても変です。
何が変かというと通常マウスカーソル位置を示す中央の丸を目安に照準すると思いますがこの際の通常の位置は、下のようになると思います。丸を止めておくと砲塔移動可能範囲内であれば丸の真ん中に照準位置ガイドの十字が移動してきます。

Avengerの場合は、丸の上に照準ガイドの十字が止まります。下の画像だと「凹凸があるから砲塔移動可能範囲外なのでは?」と思うかもしれませんが更に次の画像を見てもらうと。

このように町中の平地でも丸の上で止まります。このおかげでAvengerだけ照準がやりづらいのです。なにこれ?Avengerは、0度まで砲塔が下がらないの?いやでも以前は、俯角何度か取れていたと思うし。謎。

最後に

ようやく日本マップに遭遇してすこしテンションが上がりましたが以前のアップデートのお話ですので今回のアップデートとは、あまり関係性がなかったですね。でも、フランス空軍にあまり興味がないので仕方ないです。

海軍も1年前は、2017年末とかいう噂があったもののもう年の瀬ですしまだ、天よりの宣託により決められし日に選ばれし歴戦(課金戦士)の勇者のみが参加できることになっているので一般人は、関係ないですし。

細かい修正は、行われているので十分重要ですが今回は、個人的には、そんなに大きなアップデートでは、無かったという事なだけでフランス空軍を待ち望んでいた人は、喜んでくださいという事でしょうか。

では、では。

 - WarThunder , ,