がりろど戦日誌

WarThunderやWorld of Tanksを中心とするオンラインゲームに関してのプレイ日記、情報、弱点、日本語化、設定等が中心の内容です。

Crossout日本語版というマッドマックスの世界のようなゲームが出現したので試してみました。[Crossout]

   

WarThunderの開発物は、Gaijinというロシアの企業です。
そのGaijinがWarThunderの陰で開発を続けていた新規ゲームがCrossout。ハーフトラックに機銃や装甲版などを搭載して戦うゲームです。昔昔のその昔マッドマックスという核戦争後のアメリカかどこかの設定の映画がありましたがそれがこんな感じで日本で言うと北斗の拳等のイメージが強いでしょうか。どちらも古い物ですが。

で、実際にゲーム内容を見るとどうも今現在現実にニュースなどを見ると中東やアフリカで戦う現地民達が車の後ろにTOYOTAとかフォードとか中野建設とか入ったハーフトラック/小型ダンプに機銃や大砲を載せたり装甲を施して戦っているシーンがありますがまさにその感じです。そんな世界観のゲームですね。

インストール

このCrossoutは、Warthunderと同じで日本版は、DMMが取り仕切っています。その為DMMGamePlayerといういらないソフトをインストールしないといけません。仕方なくインストールするとアップデートとか始まります。最初から最新版をダウンロードできるようにしておいてほしい気がしますが良く考えるとインストーラーとの差分がアップデートと言う名目でダウンロードされているのだろうという気がするので良しとします。否定的な目で見ているとなんでも不満を言いたくなってしまうのですね。
インストール後に起動しようと試行錯誤しました。なんでかって?DMMGamesPlayer経由で起動したくないので直接Crossoutのexeを突っついて起動したいのです。その為ショートカット作り直したりインストールしたCrossoutのフォルダにある他のexe等から直接起動してみましたがどうもDMMGamePlayerの起動チェックをしているようでことごとく失敗に終わりました。そう、「DMMGamesPlayerが起動してません!」とかメッセージが出てきてCrossoutが開始できないのです。
仕方ないのでDMMGamesPlayerが起動してくるのを見過ごしCrossoutを起動します。
起動するとWarThunder等と同じようにランチャーが起動します。ここで左側にニュースが表示されたり起動前の設定変更などが可能です。右上の国旗マークで言語設定も可能です。初回起動時は、差分やアップデートがダウンロードされるので結構時間かかります。

プレイ開始

ゲームを起動するとライセンスの同意画面が日本語で表示されます。さらさらと読んで反感を持たなければ同意します。

するとWarThunderのガレージと同じような感じで最初の車が表示されます。かなりボロッチィ。パッと見では、何をすれば良いのか解りづらいですが真ん中上部の「バトル」というボタンを押せば戦闘が始まるのだろうと予想できるのでそこを押そうとすると何か文字が表示されています。どうやらチュートリアルが始まっているようです。
設定等をみるとシンプルなので割愛しますがサーバーは、ロシア、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、オーストラリアにあるみたいです。大人のマーケティング等の事情でリージョンが分けられてるだけかもしれませんけど。

ジョイパッド等のコントローラーも標準で使用可能になっています。この辺りは、どうもPS4等との関連みたいです。ただ、WarThunder等の経験上ジョイパッドのみでのプレイは、結構きつそうですけどね。ガレージに戻り他のアイコン上にカーソルを持っていくと右上にエネルギーがあります。これが無くなるとバトルができなくなるとか。一日のエネルギー回復量が決まっていてその量内でしか出撃できないようです。一応アイテムで補充も可能みたいですがこの辺りはゲーム運営が1日に大量に戦闘してもらう事での収益と制限をかけてその制限を超えられるアイテム販売からの収益性を天秤にかけた結果でしょうか。エネルギー回復アイテムがないとゲーム廃人なみに信じられない回数を1日にプレイできないという事ですが一般人には、あまり関連がないかも。この上限が低いとイベント時等に参加人数が少なくズンドコ廃れたゲームになりそうですが大丈夫でしょうか?
各種褒章が貰えるクエストもあります。
プレイヤーの顔(搭乗者により能力が異なるらしい・・・)もゲームが進むと選べるみたいです。
レイドバトルによる戦闘実績等によっても褒章が貰えるようです。

細かい箇所を見ていってもきりがないのでとりあえず戦闘に参加してみます。最初のミッションは、「マシンガンをゲットせよ」です。マシンガンは、初期装備のような気がしますが「最初は、ひょっとして装備がないのだろうか?」と気になりますがとりあえず戦闘に参加します。勇者も最初は、「こん棒」を町で購入して装備を・・・あれ?Crossoutも初期の武器を購入して装備しないとダメ???
と思いますが既に「バトル」ボタンを押して戦闘開始待ち状態なので後の祭りです。平均待機時間というのが出てますが実際は、1分以上待ちました。
そして戦闘参加者の一覧とマップの表示。
戦闘開始です。とりあえずマウスで左クリック。バババと機銃が発射されます。どうやら初期装備は、装備されているようで良かったです。機銃を持っているのにマシンガンをゲットせよとは、どういうことなのかなぁ?と思いながらも敵の居る箇所に移動します。操作は、キーボードの場合は、概ねWarThunderと同じです。マウスで照準左クリックで発砲。キーボードのWASDで移動。
マップは、荒廃した台地ですね。
で、何か適当にやってたら戦闘終了。

戦闘終了すると鉄くずとかアイテムを貰える事があります。この物資を使用して車の装備を製造したりできるようです。

適当にプレイした割に3台倒してMVPでした。戦闘中の画面は、キャプチャしている余裕が無かったので初回分は、ありませんがとりあえずWarThunderをプレイしたことがある人なら問題なく戦闘可能だと思います。2回目の戦闘。
破壊されたビルのあるマップ。
激しく銃弾を撃ち込まれると車のパーツがボロボロ取れたり破壊されて行きます。
今回は、負けてしまいました。

ちなみにどの位まで破壊されるとダメなのかというと下の画像の状態でもまだプレイ可能です。一応機銃を発砲できたりします。ただ、タイヤが全部なくなっているので移動できません。近くに敵が来ないととても暇。正確なところは、まだ、解りませんが運転席のあるボディ部分が破壊されないと撃破判定にならないっぽいです。

最後に

車をパワーアップして戦闘する新しいゲームと言う事で多少は、期待していますが戦闘シーンだけに関して言うと機銃や体当たりで近距離戦闘したい人向けだと思います。一応大砲と言うのもありますが重量の関係で1門しか搭載できないようで大砲搭載すると機銃が搭載できないので中/長距離戦闘のみとか結構主力武器によって戦闘方法が特化されていくみたいです。
何でもできる陸上戦艦のような車両も面白そうですがゲーム性を考慮するとある程度各車両ごとに強みと弱みを持った特化車両の方が面白いのかもしれません。

まだ、大した回数プレイしてないので良く解りませんが戦車でかくれんぼするゲームよりは、皆が有視界内で近距離決戦を短時間で行うというプレイスタイルが好きな人、そして機銃が好きな人向けみたいです。

とりあえず車両のパワーアップの仕方などは、ある程度資材や実績が溜まらないとできないのでその辺りは、次回以降で。あきなければね。

 - Crossout