Ver9.10にバージョンアップした感想[WoT] | がりろど戦日誌

がりろど戦日誌

WarThunderやWorld of Tanksを中心とするオンラインゲームに関してのプレイ日記、情報、弱点、日本語化、設定等が中心の内容です。

Ver9.10にバージョンアップした感想[WoT]

      2016/05/14

9月3日にVer9.10が公開されたので早速バーションアップしプレイしてみました。

アップデート後ログインするとチュートリアルがどうのとなります。そういえば今回そう言った物が更新されたと書いてあったのでYesを選択して見てみます。
褒章は、取得済みという事で以前チュートリアルが追加された際に実行したからなのだろうと思いつつも開始をクリックします。

shot_002

何か見覚えがある感じです。

shot_003

むむ、この駐屯地見たいのも見覚えが・・・。

shot_004

とりあえず前回と同じかどうか確認するため動きまわってみます。同じ臭いがします。

shot_007

初期位置に戻れという事なので仕方なく戻ります。

shot_010

「建物や車両を損壊しないようにと・・・」という教官の声が虚しく響きます。戦車に踏まれるとペシャンコですね♪

shot_009

次に重車両との戦い方という事でTigerⅡが出現します。これも前回と同じです。

shot_011

最後に移動目標を撃破します。これも同じです。

shot_013

そして完了。初めてチュートリアルを行う人は、いくらかのゲーム内通貨が貰えた気がしますが既に実行済みの人は、貰えません。

shot_018

WOTポータルサイトにある今回のアップデートの文章に「新規プレイヤー用にガレージチュートリアルを追加」と言うのが有りましたがどの辺りが以前にあった物と異なるのか分かりませんでした。

以前追加された物が知らない間に削除されてそれが今回復活したという事なのでしょうか?謎。

日本重戦車に関して

日本製という事で余り期待は、していませんでしたが追加された重戦車ツリーを見て少々びっくりです。
何故ならばカタログスペックは、結構重戦車っぽいのです。主砲やエンジンが泣き所かと思いましたが中盤以降は、IS-3レベルの主砲にE-75レベルのエンジン出力を搭載する車両もありますし装甲も全面200mmの装甲を持つ車両も居たりします。

カタログスペック自体は、意外に良さそうに思えます。後は、実際に使用して見てですね。

制圧戦に関して

今回から制圧戦が変更されて「乱戦」という呼び名になったようです。ガレージの中央上部にある「戦闘開始」ボタン右にある戦闘モード変更箇所をクリックすると乱戦があるのでそれを選択すると下の画像のような画面が表示されるのでプレイしたいモードを選択すれば良いだけです。

shot_035

ただし、今回からプレイには、条件が追加されたようです。

制圧戦

shot_036

スチールハント

shot_037

上双方ともなんとTierⅩ車両を1両以上所持していないと駄目らしいです。

と、いうことで制圧戦は、プレイしてません。まぁ、どうでもよいですけど。

マップに関して

それとリメイクの為につまらないマップになっていた「レッドシャイア」が今回変更されて居て左隅っこの墓場につながる道に城が有ったり溝が有ったり悪くなくなりつつありました。まだ、駄目ですけど。

最後に

と、いうことで今回のアップデートは、いくつかの変更が有りましたが日本戦車がカタログスペック上では、良さそうなので今回のアップデートは、日本重戦車の追加がメインということです。

マップのリメイクが続きますが1,2回目は、つまらなくなり3回目から少し改善される傾向にあるような気がしてきました。

どうせ要望を聞いてリメイクしても「こっちを立てればこちらが立たず」でいつまでたっても終わらないのだから「新しいマップを追加してしまえば良いのに」という気がしますが色々な事情があるのでしょうね。

では、では。

参照:日本の重戦車が追加されるVer9.10アップデートは、9月3日です。[WoT]

 - World of Tanks , ,