がりろど戦日誌

WarThunderやWorld of Tanksを中心とするオンラインゲームに関してのプレイ日記、情報、弱点、日本語化、設定等が中心の内容です。

イギリスの車両ツリーが追加されたVer1.55にアップデートして思った事など。[WarThunder]

      2016/05/14

年の瀬ぎりぎり位になるのかと思っていたVer1.53で一部先行実装されていたイギリス車両ツリーが今回実装されました。

追加ユニット

イギリスの車両として追加されたのは、巡行戦車や中戦車、重戦車、駆逐戦車、対空車両の4系統です。

shot 2015.12.16 17.33.25

駆逐戦車系では、重装甲のTortoiseが最高位に居ます。

shot 2015.12.16 17.34.17

重戦車の最高位には、貫徹力361mmとかいう強力な主砲を備える車両も。

shot 2015.12.16 17.33.59

ツリーを見ていくと大体WoTで見慣れた顔ぶれです。

チャーチルもちゃんといますね。さすがに重装甲・・・あれ?MkⅦって・・・装甲0???

shot 2015.12.16 18.08.12

念のために実装甲を見てみます。こちらでみると前面152mmと出てきますので入力忘れでしょうか。モデルに装甲値入っているので実プレイには、支障は、無いはずです。

shot 2015.12.16 18.09.28

とりあえずイギリスで最初に使用可能な車両は、A-13Mk1とTetrach(テトラーク)です。双方を取得してプレイしてみます。

A-13Mk1は、MkⅢ巡行戦車に該当します。巡行戦車というのがイギリス軍独特ですが歩兵に随伴する歩兵戦車は、重装甲で塹壕等を突破する能力を求められそれ以外に敵の追撃や戦線突破をするために軽装甲で機動力がある戦車として巡行戦車というのが開発されたそうです。

shot 2015.12.16 17.40.09開発は、初期状態で履帯や修理キットなどは、開発済みです。

shot 2015.12.16 17.54.02

ただ、このA-13を操作してみると使いづらいです。砲塔の旋回は、遅いし少し速度が出てから曲がると簡単に必要以上にドリフトします。急に敵が横から出てきた際等明後日の方を砲が向いていたり。

テトラークは、WoTで配布された事がある課金戦車ですがその当時は、結構使えた気がします。WarThunderでは、どうでしょう?

shot 2015.12.16 17.40.33

初期状態で履帯や修理キット等3分の1程度は、開発がされています。ランク1とあって数回戦闘すればすぐに全部開発が終わると思います。

shot 2015.12.16 17.54.26

この車両も砲塔の旋回は、遅いですね。ドリフトも必要以上に簡単にします。履帯が細すぎるからなのか乗員の能力が0だからなのかわかりませんけど。

一応小さな車体ながらちゃんと塹壕は、越えられます。大丈夫。

shot 2015.12.16 17.51.19

そしてA-13も同じなのですがペラペラ装甲を体験できます。対空戦車の機銃数発で撃破されます。車体は、そんなに壊れてなさそうなんですけどね。な~む~。

久々に低ランク戦闘をプレイして「TigerやISって結構硬い車両だったんだなぁ」と感慨にふけります。

shot 2015.12.16 17.53.10

航空勢では、Stirlingという顔が厳つい感じの爆撃機が追加されています。

shot 2015.12.16 17.38.10

その他の国では、日本です。前回課金機として追加されたオレンジA7M1より少しエンジンがマシになった試製3号機という噂の烈風が零戦の次に追加されています。当方は、日本機は、ほとんど開発していないので実際は、知りませんが噂では、零戦よりは、火力も速度もそれなりにマシらしいです。

shot 2015.12.16 17.36.28

新規マップ

第二次エルアラメインとチュニジアが追加になっています。

エルアラメインは、砂漠ですね。占領地が3個の場合は、行くことがあるかもしれませんが1個の場合は、ほとんど上の方に行くことがないのでは?と思うようなことになっています。何故か下の方に敵味方の出現箇所と占領地が設定されているのです。

なのでせっかくですからマップ北方に行ってみました。ミニマップを見ると右上に何か建物があるように思えます。砂漠の道路といっても轍があるだけです。

shot 2015.12.16 18.22.39

だいぶ北に来たところで前方に建物のようなものが見えてきました。

shot 2015.12.16 18.24.32

建築時は、結構立派そうなお城の残骸です。砂漠にこんなお城があったのでしょうか。アラビアのロレンスでは、出てこなかったような。

shot 2015.12.16 18.25.58

と、呑気にドライブしていると空襲です。敵機は、右上から出現するみたいですね。

shot 2015.12.16 18.29.50

しかし、テトラークの前には、無能な特攻攻撃等なんの意味もありません。航空機の残骸のみが燃えています。爆撃が成功しないのに自機を当てるなどできるはずがあろうか?いやない。

shot 2015.12.16 18.30.01

あ!

shot 2015.12.16 18.30.33

何もしてないのにチーム順位6というのがなんとも・・・。

チュニジアは、まだ、派遣されていないので後で追加します。

その他

そして今回のアップデートで最大の関心事。それは、PT-76です。前回追加されては、いましたがどうやら浮かなかったようです。

しかし、今回アップデート内容に記述があります。紹介動画にも浮いている様があります。

そう、浮航能力の追加です。海は、どこまで浮いていけるのか解りませんけど楽しそうです。

ロケット戦車と言い水陸両用車両と言いWarThunderの中の人は、洒落が解っています。

まぁ、どちらもネタ車両ですけどね。

後は、航空機が水上に不時着できるようになったとかあります。経験値が稼げますね。

最後に

イギリス車両全般をざっと眺めると砲撃力が高い車両が多い気がします。ただ、装甲は、ドイツやソ連と比べると少し落ちる気もします。全体のバランスとしては、良さそうな気がします。

ドイツ、ソ連、アメリカ、イギリスと陸戦が選択可能な国では、日本だけ陸戦が無い状態ですが日本の車両は、企画のみだった車両や74式レベルまで出さないとお話にならないという事実があるのが悲しいところです。

まぁ、噂では、来年以降海軍開発再開という話もあるらしいですし日本陸戦は、いくつかを課金レベルで実装とかでよいのかなぁという気がします。

後は、今年の年末ネタは、どんなものが来るのか?でしょうか。

では、では。

参照:

WarThunder公式サイト「War Thunder: Update 1.55 “Royal Armour”

[amazonjs asin=”B017LW89Y8″ locale=”JP” title=”チャーチル クリスマスストッキング缶・赤 200g”]

 - WarThunder , ,