がりろど戦日誌

WarThunderやWorld of Tanksを中心とするオンラインゲームに関してのプレイ日記、情報、弱点、日本語化、設定等が中心の内容です。

Ver1.53(FireStorm)アップデートに関して(その1)[WarThunder]

      2016/12/07

前回のアップデート以降チョコチョコと開発進捗が漏れてきて居たVer1.53アップデートに随分と期待した物ですが11月5日にようやくリリースとなりました。

アップデート開始

FireStormとかいう副題の通り結構内容は、濃いです。

濃いからなのかアップデートの容量が10GB弱なので大変です。ダウンロードに18時間程度かかりました。

wt153down2また、ちゃっかり64ビット化などもされていたりします。64ビット対応になってなにか変わるかと言えばメモリ確保の最大値がすごい値まで理屈的には、できるようになったという事だと思いますが実際にゲームの動作には、関係がありやなしや。謎です。

wt153downログイン後キーアサインが変更になったとかいう告知が出てきます。まぁ、そんな事です。

shot 2015.11.06 16.18.02

ゲームエンジンの更新

アップデート内容で特に大きなものがゲームエンジンの更新があります。描画画質が上がるのもそうですが物体が壊れる時の壊れ方がより現実的になるとかなんとか。

公式サイトに掲載されている動画を見ると壊れていますね。今まで壊せなかった建物等が

この点にかなり期待していたのですがアップデート後にプレイして期待を込めて建物を主砲で撃ちます。

ん?

1発では、駄目なのかと思い何発も同じ箇所に撃ち込みます。

変化なし。

どうした事でしょう?

公式サイトのアップデートログをみるとスターリングラードとか対応マップ以外は、駄目だよ。と書いてある気がします。

そしてスターリングラードマップの番が回ってきたので撃ちます。

shot 2015.11.06 16.57.14

あれ?変です。壊れません。そもそも建物が壊せるなら皆喜んで壊して遊びそうなのに誰もそんな事をしていません。真面目に敵だけを撃っています。

壊せる壁と壊せない壁があるのかと思い諦めかけたら爆撃を受けた壁がゆっくりと崩壊して行くのを見ることが出来ました。後は、屋根が落ちてくるとか。

どうやら爆撃のような強力な一撃だと壊せる箇所があるようです。

動画だと戦車が体当りして壊しているシーンがあるのですが良く分かりません。

とりあえず画質は、向上していると思います。

そして今まで壊せた柵を壊す時に以前は、2,3個壊すとガクンと後ろに戻されて止まってしまう事が有りましたがそれが少なくなりスムーズに柵を連続破壊できるようになりました。

下の画像のような柵を端から端まで壊しても途中で止まってしまうことは、余りありません。ただ、偶に引っかかってしまう事もありますので完全では、無いみたいです。とりあえず物理エンジンが変更されたという実感は、味わえます。

shot 2015.11.06 19.15.53

それとにスターリングラードマップは、WoT(World of Tanks)と較べてWarThunderの方が工業都市の廃墟感が強いです。こちらの方が表現している奥行きの距離が長いから当然と言えば当然なのでしょうけど。

新規車両の追加

幾つもの新規車両が追加されました。

イギリスツリーも暫定で4車種追加になっています。今後のアップデートで正式なイギリスツリーが実装されるそうです。イギリスツリーは、現状A13Mk-Ⅱのスターターパックを購入しないと使えないようです。現在10.99ドルとなっています。
次か次の次辺りで正式実装されるのでそれまで待っても問題無いでしょう。

shot 2015.11.06 16.22.37

ソ連には、PT-76とか海に浮いちゃいそうな軽戦車が追加されました。実際浮くのか分かりませんが浮いたらノルマンディーマップで海に漕ぎだして空母を撃沈とか・・・。はて?

2015年12月16日追記:Ver1.55からPT-76に浮航性能が追加されました。

shot 2015.11.06 18.04.38

もう一つおもしろ車両が追加されました。そう、ロケットSPG。ただ、残念な事に課金車両です。

近くでプシュンプシュンとか聞き慣れない音がしていたらたぶんこれか後で書くドイツのやつの可能性が高いです。アメリカもありますけど。

shot 2015.11.06 16.21.33

ドイツには、なんと戦後の戦車が追加されています。最初E-25かな?と思いましたがEシリーズは、イベントなど以外では、今のところ実装しないそうです。平べったくて足回りは、すごいみたいですが装甲は、ペラペラです。砲は、強いです。でも、一個前のヤクトティーガーの方が楽しめそうです。WoTみたいに隠蔽率とか関係無いしね。

shot 2015.11.06 16.19.30

ドイツもロケットSPGが追加になっています。もちろん課金車両です。

shot 2015.11.06 16.19.11

比較的安いからか結構この車両は、見かけます。ただ、全然ロケットが当たっていない感じです。そしてTigerⅠの一撃で大抵撃破されています。課金車両なのに可哀想・・・。

shot 2015.11.06 16.57.44-2

そして今回追加された車両の真打ちは、これです。M26パーシングにロケット砲が搭載されているのです。もちろん課金車両ですがM26は、基本性能が高いし使えそうだし買おうと思っていたら罠がありました。そう、なんとまずシャーマンカリオペを購入しないと手にはいらないというまさかの課金ツリーになっていたのです。最低。

shot 2015.11.06 16.20.38

カリオペとかいうネタ戦車がそんなに使えるとは、思えません。
が、意外に見受けられました。シュポシュポ言ってロケットが飛んでいきます。明後日の方に・・・。
やはり見事に当たっていませんでした。そもそもこのロケットは、どうやって照準を合わせるのでしょう?WoTのような仕組みが無いので謎です。

ロケットM26取得の為とは、言え散財している気がします。カリオペ無駄に高いし。

shot 2015.11.06 18.24.55 shot 2015.11.06 18.24.29

他にも幾つか追加になっていますがまぁ、一般的な車両なので大丈夫です。

E-100も追加になったと公式更新ログに書いてありますがイベント用なので現在は、手に入りません。

航空機では、課金航空機としてオレンジ烈風が追加になっていた気がします。A7M1という試作品なのでオレンジ色だったようです。ちなみにエンジンの出力不足でゼロ戦と較べても機体が少し頑丈という事以外は、あまりよろしく無かったようです。その点も織り込まれての実装らしいです。

その他

スコープモードの倍率変更

最大拡大倍率が7.5倍が3.5倍に変更になりました。第二次大戦当時は、3.5倍程度が一般的な倍率だったからだそうです。

変更後標準スコープ

shot 2015.11.06 18.36.47

変更後最大倍率

shot 2015.11.06 18.36.51

以前の最大倍率

輪郭が全然異なるのが解ります。

shot 2015.04.23 18.32.03

撃破された時の表現

以前は、「You have killed by なんちゃら」と英語でしたが日本語化されて「あなたは、殺されました」とか物騒な文句になっています。ただの直訳ですけどね。

そして下の方に撃破された時のスコアや戦功が表示されるようになりました。

shot 2015.11.06 17.14.22

ゲーム終了時も同じような表現になっています。

shot 2015.11.06 17.16.02

音声

戦友、支援砲撃等の戦功は、以前は、表示されるだけでしたが音声でも知らされるようになりました。

shot 2015.11.06 16.40.51

しかも、日本語です。「チームワーク!」とか叫ばれるとなにか変です。部活をやっていた際に顧問から「チームワークが大切!」とか言われて反感を持っていた少年時代だからでしょうか。

緑IDのチーム車両が爆撃機になって3台位同時に撃破した際「チー、チーム、チームワーク!!」とかなって非常に鬱陶しかったです。

なにか、ボッチプレイヤーは、クランなどを組みなさい!と強要されているような・・・。

追記:リリースの次の日のアップデート以降この音声がなくなったみたいです。残念。

修理表示

「F」長押しで修理開始とか表示されますが今まで取り普通に押せば大丈夫です。長押しの必要は、ありません。何故にこの表現なのかは、謎です。

shot 2015.11.06 16.58.20

そして、以前は、下に修理秒数が出ていましたが修理に必要な所要時間が丸いインジケータになり弾種の上に表示されるようになりました。良いような悪いような。慣れでしょうか。

shot 2015.11.06 16.58.35

最後に

ベルリン、スターリングラードAdvance to the Rhine(ライン川への進軍?)が新しい物理エンジンに対応しているとなっているので建物壊せるのかと思いましたがうまく行きません。

まだ、爆撃以外では、出来ないのでしょうか?壊せる物体が増えたのは、間違いないのですが謎です。もう少しプレイして見ないといけませんね。

そして明らかに困った点がスコープモードにしていて横から他の車輌が視界内に入って来た時や爆発があった際等に引っかかるようになりました。描画が追いつきません。物理演算が多くなったのか分かりませんが重くなっているようです。

また、HD画質のテクスチャを使用しているからでしょうけどビデオメモリが足りない(当方は、HD5670の512MBです)ようでテクスチャ画質が自動的に落ちるようになりました。残念。

とうとうWarThunderも当方のヘッポコPCでは、快適さが失われる時代に差し掛かってしまったようです。まぁ、グラフィック設定を落とせば問題ないみたいですが。

ただ、WarThunderの世界で物理演算が変わって引っかかりが出るという事は、WoTで物理エンジンの更新が来て建物が壊せるようになると・・・また、再びオンボードで頑張っていた頃のようなカクカクカックン描画に戻るのでは、ないかと想像されます。

いい加減グラフィックボードの新調を考えないとだめでしょうかね。と、言うよりPC自体もかな。

追記:2015年11月中旬の修正アップデートで建物崩壊時のメモリ使用量が減少した為随分とましになっています。多少引っかかる時もありますがちゃんとゲームになります。

とりあえず長いので今回追加された砲撃訓練だけ次回その2に書きます。

では、では。

参照:

公式サイトアップデート内容「War Thunder: Update 1.53 ‘Firestorm’

 - WarThunder , ,