期間限定!試作2足歩行決戦兵器が試せます。[WarThunder] | がりろど戦日誌

がりろど戦日誌

WarThunderやWorld of Tanksを中心とするオンラインゲームに関してのプレイ日記、情報、弱点、日本語化、設定等が中心の内容です。

期間限定!試作2足歩行決戦兵器が試せます。[WarThunder]

      2016/05/14

帝国陸軍の人型決戦兵器と言えば「鉄人28号」が昔の人には、有名でしたがナウなヤングは、知らないことでしょう。

ですが歩行兵器は、どこの国でもアイディア自体は、あったようで装輪や装軌よりも走破性が高いのでは?という事で研究まで行くか分かりませんが考案自体は、あったようです。

魔女の婆さんのご加護か分かりませんが実現した国が有りました。

そう、ソビエト社会主義共和国連邦により試作2足歩行兵器「ST-1」なる物体が開発されていたのです。

ばば~~ん!!

attack_soviet%20soldiers_1941 captured_train art_st_1_1280x1024_logo_com

と、いうのが今年のWarThunderのエイプリルフールネタだったような気がします。

ドイツ軍にも試作品が幾つか鹵獲されたとかいう布石も記述がありますね。

参照:「[In Development] A new type of ground vehicle in War Thunder

そのエイプリルフールネタに使用された「ST-1」ですがなんと現在開催されている夏イベントで使用可能になっています。開催期間は、8月6日から17日までです。

方法としては、「Summertime madness」イベントの「March to Victory!」に参加するだけです。

ただ、このイベント通常のイベントと違う箇所があります。

それは・・・。

参加有料です。199ゴールデン・イーグル必要です。(東北楽天なんとかでは、ありません。)

shot 2015.08.13 16.25.40

上の画面で購入ボタンを押すと参加チケットの購入確認が行われます。

shot 2015.08.13 16.25.49

「ええ?有料かよ」と思うかもしれませんが今まで普通に数ヶ月WarThunderプレイしていた人なら199ゴールデン・イーグル位は、イベントやら謎のゴールデン・イーグル配布で知らない間に1000ゴールデン・イーグル位貯まって居るはずなので実質無料でしょう。

ちなみに500ゴールデン・イーグルの購入費用は、2.99ドルです。中国の勝手な元切り捨てによる影響を鑑みても本日のレートで372.4円ですので激安。

shot 2015.08.13 16.25.55

イベントには、どんなユニットでも参加可能です。

shot 2015.08.13 16.26.17

イベント名は、ST-1AlphaTestとなっていていかにも2足歩行兵器の為のイベントであるように見えます。

shot 2015.08.13 16.47.11

で、ユニット選択画面で早速ST-1を選択しようとすると・・・あれ?選択不能です。バグ?

そう、リスポーンポイントが設定されているのです。この画面で必要なリスポーンポイントが表示されていないので謎でしたが。

ST-1に乗るためには、590リスポーンポイントが必要です。

リスポーンポイントを貯めるためには、現在使用可能な車両で活躍するしかありません。

ソ連だとT34-1942とT34-57がリスポーンポイント不要で参加できますのでまずは、この2車両を使用して活躍します。

shot 2015.08.13 16.45.13

とりあえずT-34で出撃したところいきなり前にいました。青なので味方です。なにか異様です。ノッシノッシと歩いています。

shot 2015.08.13 16.33.09

そして、赤輪郭に遭遇。敵です。

shot 2015.08.13 16.51.22

頑張って主砲を撃ち込みます。一応ダメージは、入っているようですが・・・。

shot 2015.08.13 16.52.03

2発当てたところで衝撃が・・・そう、ST-1の主砲は、KV-2のderp砲です。T34等一撃なのです。

なにか上の画像は、ポーズとして様になっています。癪に障ります。

一応こんな状況でも適当に敵にペコペコ弾を当てていればそれなりにリスポーンポイントが貯まり敵を撃破すれば結構貯まります。ST-1を見たら支援砲撃するか回避して他の普通の戦車相手にしてポイント貯めた方が無難ですけどね。

shot 2015.08.13 16.44.39

リスポーンポイントが貯まったらST-1を選択して出撃です。

st-1

性能は、主砲が152mmですのでKV-2の頭そのまま的な主砲です。そして副砲に45mm砲。20mm、12.7mm、7.62mm機銃装備とかなりの重装備です。

shot 2015.08.13 16.34.36

写真で見るともう少し背が高いのかと思いましたがそうでもないです。周辺の建物よりも背が低いのです。これは、重要な点です。

いつぞやのロボットアニメで一時期人型2足歩行兵器は、戦闘では、被弾面が広いので直ぐに撃破されて意味が無いとかやっていましたがこのサイズなら問題ないでしょう。KV-2の頭そのままならば当時の戦車砲への防御力もありますしね。(解説読むとすごそうですが現在の滑空砲には、駄目かな)

shot 2015.08.13 16.56.44

川のほとりで味方のST-1が居たので連携して前進しようかと思ったら何か変です。

shot 2015.08.13 16.56.46

あれ???道路にめり込んでる???

shot 2015.08.13 16.56.53

これは、フランス国内でレジスタンスが戦車相手に掘ったという落とし穴にハマったのでしょうか?動けないようです。

旋回性能が悪いので確かに狭い箇所では、操作が難しいですけど。

shot 2015.08.13 16.55.03

橋から落ちそうなシーンも見た事ありますしね。

shot 2015.08.13 16.56.56

そして爆撃されて昇天なさいました。

shot 2015.08.13 16.57.34

いけません。対岸の敵がこちらに撃ってきます。呑気に味方のST-1を看取っている場合では、ありません。

あっという間に故障箇所が表示されていきます。機動性は、直進は、それなりに動くのですが曲がるのが遅いのです。敵のST-1は、頑丈なのに自分のST-1は、ボッコボコです。戦時急造の粗悪品だったのでしょうか。

shot 2015.08.13 16.58.01

なんとか後退しましたがこの角度から見ると幼稚園のお遊戯会に出演したスズメ役みたいです。

ちなみに修理キットがないようで修理出来ないみたいです。

それからせっかく後退して建物に隠れましたが突如爆発します。F6Fは、戦闘機なのですから爆弾積まなくて良いです。

ヤられるシーンばかりも何なので撃破シーンも。

shot 2015.08.13 16.53.44 shot 2015.08.13 16.53.45 shot 2015.08.13 16.53.47

撃破した際に感じたことは、ST-1は、非常に良く燃える機体だという事です。盛大に燃えます。が、上の3枚の写真は、連続写真ですが撃破後も動きます。ST-1は、前進をやめても他の戦車と同じように惰性でゆっくりと多少前に進みます。たぶんその為だとは、思います。

そしてST-1を使用した戦闘結果。

shot 2015.08.13 16.59.16

ST-1で遊ぶ事にに拘っているとかなり悪くなります。独特の機動に慣れてないという事もあるのでしょうけど。ST-1で遊ぶか稼ぐかどちらかにしましょう。

ロマンを感じたいか稼ぎたいかです。

ちなみにこのイベントは、いくつかの条件を達成すると色々なリターンがあるようです。英文長いし結構な回数プレイしないと到達不能っぽいのでここには、書きません。

簡単に要約すると、1台でも多くとにかく敵を撃破せよです♪

では、では。めっくうぉーりぁ・・・ふじこふじこ。

参照:

March to Victory!

Summertime Madness

[In Development] A new type of ground vehicle in War Thunder

[amazonjs asin=”B001BR89AO” locale=”JP” title=”未来少年コナン トコトコロボノイド (ダイス)”]

 - WarThunder , , , ,